■掲示板に戻る■ 検索 全部  1-  11-  21-  31-  41-  51-  61-  71-  81-  91-  101-  111-  121-  131-  141-  151-  161-  171-  最新10
■刈谷市総合掲示板■--PART2--
このスレッドは停止されています。
169 名前:管理人 ★ 2007/12/08 20:30 ID:??? ジャンル:なし --
ヤフーニュース(毎日新聞)より転載
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071208-00000051-mailo-l23
---------------
刈谷商議所の補助金不正:県が商議所・商工会を緊急監査へ /愛知
12月8日12時1分配信 毎日新聞


 ◇刈谷に新たな水増し
 刈谷商工会議所(刈谷市)による県の補助金不正受給疑惑で、県は県内すべての商工会議所と商工会に対し、同じ補助金で不正がないかを確認するため緊急に監査に入る方針を決めた。刈谷商議所が経営指導員らへの超過勤務手当だけでなく、指導員らによる小規模事業者向けの巡回指導などの件数も水増しして県に報告していた疑いも浮上し、他の商議所などでも問題がないか調べる必要があると判断した。
 問題となっているのは、「小規模事業経営支援事業費補助金」。従業員20人以下の小規模事業者(商業・サービス業は5人以下)向けに税務や労務などの指導・相談をする経営指導員と補助員の人件費や関連事業費を、県が補助している。昨年度は22商工会議所と66商工会、県商工会連合会に計約36億円を支給。このうち、刈谷商議所は人件費約3000万円、事業費約600万円だった。
 県によると、同商議所は昨年度、小規模事業者への巡回指導と窓口指導件数を計2686件だったと報告していた。ところが、今年11月に指導件数を水増ししているとの情報が寄せられ、県が調べを進めている。
 相談件数によって補助金の額が決まるわけではないが、仮に経営指導員本来の仕事とは異なる業務が行われていれば、人件費の補助対象にならないため、県は勤務実態などを調べ、補助金が適正に使われていたかを確認する。【武本光政】


106/500k

- Flash CGI/Mini Thread Version 3.31β -